一般的に、不眠症の人は呼吸が浅く、身体内に吸収する酸素の量が少ないために、全身の細胞は活性化されません。疲労物質である乳酸が多量に発生し、デトックスもできない状態と言えます。これでは、身体が疲れているのに眠れないと言う状態になっても不思議ではありません ...