満載喫水線と言う言葉があります。荷物を積んだとき、船体をどこまで沈ませてもよいかの限度を示す目盛り。この線より沈んだらバランスが悪くなって、危険であることを知らせる限界線のことです。  人間の感情もある一定のレベルと超えると、なかなか立ち上がれない状態 ...