オーラは色でなく、強さ輝きを中心に見ていきましょう

 「私のオーラの色は何色ですか?」とよく質問されます。

 しかし、オーラには様々な色があり、単色のみではないので、見たままを口頭では表現はできません。また、人間の心理がオーラの色に反映されることは間違いありませんが、色を判定することは意味があることとは思えないのです。

 ましてや電話鑑定等で色について聞いたとしても、あなたの人生を良くするヒントになるかどうかには少し疑問を感じます。オーラの色は気持ちに反応します。また、その人が持つカルマの影響も受けています。

 オーラそのものは気のエネルギーが集まったもので、また、その気のエネルギーはあなたの気持ちに反応しています。マイナスの沈んだ感情の時は暗い色になり、元気で楽しい時は明るい色になります。

 オーラの色から今の心理等を判断してもあなたの人生そのものを良くする助けになるかどうかの取り組みも私は疑問に思います。あなたのオーラが単色であることは決してあり得ません。普通は虹の様に様々な色が混じり合っています。

 それよりもあなたの気持ちをしっかりとさせることが、より健康的なオーラになれる方法だと思っています。オーラは気の集まりであるならば、気の状態を良くすると自然にオーラそのものの状態が良くなり、心身共に良い状態をキープできます。

 オーラを判断する要素には色もありますが、それよりも重要な要素は、オーラそのものの厚さと輝きです。厚さがあるのは、気のエネルギーが多くて強いからで、輝きがあるのは、その人の気持ちがプラスで前向き、そして元気であるからです。

 また、その人の心に希望がある場合もそうです。だから、私はオーラの色そのものには重きを置きません。オーラは色でなく、強さと輝きを中心に見ていくのがベストと考えます。(出典)