禁煙呼吸とその応用で肺を強化します サードアイ朱雀

 禁煙呼吸の応用で、肺を強化します。喫煙家の方も、禁煙家の方も実行していただくと肺そのものを強くしてくれます。

 禁煙呼吸とは、以下の感じですが

①椅子に深く腰掛け、両手を前に置いてぶらぶらします。
②首・肩・腕の力を抜いて、後ろにもたれかかり、頭を後ろに倒します。
③次に、唇の力を抜いて、口をポカンと開けて、あほうづらをする。
④そして、煙草を吸う要領で、

<鼻から胸いっぱいに吸う>
<唇をとがらせてできるだけ長く吐く>

 5、6回をワンセットにして、三回位行います。呼吸している時は、煙草を吸う時とおなじようにリラックスすることがポイントです。

 <鼻から胸いっぱいに吸う>で、一度吸った後で吐くことなく、再度、胸を広げながら更に吸って下さい。この作業で、肺そのものを強化できます。そして、数秒の間、呼吸を止めて下さい。その後は、同じく<唇をとがらせてできるだけ長く吐く>で結構です。

 

 この呼吸は、喫煙していない方でも実行していただければ、肺が強化されます。朝起床時にこの呼吸を行うと、酸素が全身に回りやすくなり目覚めが早くなります。(出典)

 

電話鑑定 メール鑑定